地域住民との親交が深められる

現地住民とのコミュニケーションで癒される

観光客が旅行中にコミュニケーションをとる相手は、同行者や宿泊先、交通機関などかなり限られているのが現状です。
せっかくの旅行なのだから、こういう時ぐらいはゆったりしたいという思いが強いと思われます。
しかし、観光地の現地住民と直接コミュニケーションが取れる機会は訪れたときしかありません。
こうした機会を逃すのは、実に惜しいことです。

観光地のなかには、その現地住民同士の濃密で自然なコミュニケーションがそこを訪れた観光客をリラックスさせるケースも見受けられます。
たとえば、日常の対人関係にストレスがある場合に、観光地での対人関係で思いがけなく癒されることもあります。
もちろん、観光地の地域性はそれぞれに特色があり、一長一短があります。
一度訪れただけでは、その本当の良さがわかったとはいえないのではないでしょうか。

新たな価値を求めてまた訪れたくなる

観光地を訪れる目的は、個々にさまざまです。
なかには、初めは特に目的なくたまたまその観光地を訪れたということもあるかもしれません。
そうしたときこそ、現地での地域住民との交流があれば、ポジティブサプライズとして強く心に刻まれることでしょう。

訪れようとする観光地の情報は、旅行会社やインターネットなど外部から多くは得られます。
たとえ些細なやり取りであっても、現地住民とコミュニケーションが取れれば、こうした情報とは異なる切り口からの新たな情報を得られることでしょう。
こうした観光地に隠れた新たな価値を求めて、現地住民との交流が広がれば、不思議とその観光地に引き込まれるものです。

また、現地で旅行者同士での情報交換をきっかけにして、現地住民とのコミュニケーションを試みるのもよいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ