観光サービス業界とは異なる視点で観光地を捉える

一度は訪れてみたいと思う観光地はいくつも挙げられますが、もう一度訪れてみたいと思う観光地はかなり限られてくるのではないでしょうか。 他方で、一度訪れればそれで十分と判断されてしまう観光地も無数にあります。 何度も訪れたくなる要因を整理してみましたので、どうぞご覧ください。

人気がある観光地には何度も訪れたくなる理由がある

ユーキャン新語・流行語大賞を受賞したインスタ映え(写真共有サービスのインスタグラムに投稿した写真の見映えが良い、おしゃれに見えるという意味)が若い女性を中心に流行し、国内外の男女を問わず幅広い年代に浸透してきています。
この追い風に乗って、これまで観光地の魅力を引き出してきた観光サービス業界はさらに活気づくことでしょう。
たとえば、観光地で撮影したひときわ映える写真が発信されることで、それを閲覧した人をもその観光地に呼び込む効果をもたらすことが期待できます。
これまで、観光サービス業界における視点からの情報のみを頼りに観光地を選択していたものが、その地を訪れた第三者の視点からの現地の写真なども参考にして観光先を決められる余地ができました。
これは、観光地を訪れたときに今までにない新たな感動が創出される可能性を秘めていることを意味します。
新たな視点で撮影された写真が目に留まれば、一度限りで途絶えていた観光地への訪問が二回、三回と複数回に拡大していく可能性もあります。
また、複数回訪れることで、その観光地の新たな魅力を発見することもできるでしょう。

このサイトでは、再訪したくなる観光地とはどのような傾向があるかを理解できるとともに、その価値を見出すために現地住民とのコミュニケーションを利用するなど必要な考え方を提供します。
さらに、観光地を名所と名物の二つの視点から把握することで、再度訪れたくなる観光地の魅力を実感することでしょう。

おすすめリンク

八戸で格安ホテルを探したい

格安で豪華なホテルに泊まりたい?そんなわがままを叶えてくれるかも?八戸を中心に宿泊施設を公開

地域住民との親交が深められる

観光地を訪れると、非日常的で新鮮な出来事も多くあることから、気分が高揚することもあります。 こうした出来事の一つとして、観光地での地域住民から受ける温かいおもてなしが挙げられます。 ここでは、観光資源として欠かすことができない地域住民との触れ合いを取り上げます。

名所や名物料理に心が動かされる

マスメディアやインターネットなどで国内のみならず世界中の観光地などの情報が、以前よりも容易に得られるようになりました。 見聞きした歴史的建造物や厳選された料理などを実際に観光地域で享受できれば、この上ない満足感を味わうことができるでしょう。 それを思い出すたびに、再びその観光地へと足を運ぶことでしょう。

上へ